Regles-soft Blog

Regles-soft(リグルスソフト)のブログです。

Androidのバージョン毎のLogCatの観察

Androidは色々なイベントの度にLogCatに情報を出力するのは周知の事実ですが、アクティビティの起動時に出力される内容をバージョン毎に比較してみました。
どうやら内容はコロコロ変わる傾向にあるようです。


【Android2.2】
05-11 15:51:09.280: I/ActivityManager(73): Starting activity: Intent { act=android.intent.action.MAIN cat=[android.intent.category.HOME] flg=0x10200000 cmp=com.android.launcher/com.android.launcher2.Launcher }
これを基準にして見ていこうと思います。


【Android2.3】
05-25 08:57:29.475: I/ActivityManager(75): Starting: Intent { act=android.intent.action.MAIN cat=[android.intent.category.LAUNCHER] flg=0x10200000 cmp=com.android.music/.MusicBrowserActivity } from pid 211
冒頭部の文言が「Starting activity」が「Starting」に変わりました。このバージョンからプロセスIDを出力するようになっていますね。


【Android4.0】
05-25 09:50:37.019: I/ActivityManager(527): START {act=android.intent.action.MAIN cat=[android.intent.category.HOME] flg=0x10200000 cmp=com.android.launcher/com.android.launcher2.Launcher} from pid 527
冒頭部の文言が「Starting」から「START」に変わりました。ここを毎度変える理由は…?

Posted by Haseguru at PM 04:26
技術情報::Androidcomments (0)trackback (0)
コメント
コメントする(この記事へのコメント受付は終了しています)
トラックバック(この記事へのトラックバック受付は終了しています)
この記事のトラックバックURL

ページトップ